日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

障害者インクルーシブ防災における災害時ケアプランコーディネーター養成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,275位 (19,732事業中)
成果物アクセス数:38
更新日 : 2020年9月19日

注目度とは?

団体名 ひょうご震災記念21世紀研究機構
団体名ふりがな ひょうごしんさいきねんにじゅういちせいきけんきゅうきこう
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥14,420,000
助成金額: ¥14,420,000
事業内容 1.災害時ケアプラン作成研修(避難行動編)の実施
(1)内容:2017年度にカリキュラム化した避難所までの「避難行動」の研修の実施と効果測定を行った。
(2)時期:2018年9月10日〜11日、11月8日・19日、2019年2月6日〜7日
(3)参加者:計108名

2.災害時ケアプラン作成研修(避難生活編)の設計
(1)内容:近くの避難所に避難してからの二次避難所への移動を含むその後の「避難生活」で必要となる備えと支援の調査等とカリキュラムの作成を行った。
(2)時期:2018年5月〜2018年12月
(3)内容:フィールド調査と業務標準化、訓練カリキュラム作成、研修・訓練用映像教材の作成、専門家と実務者による協議等
(4)地域:大分県別府市

3.コミュニティ・ソーシャルワーカー育成のための現地調査
(1)内容:災害時ケアプラン作成の際、当事者・専門職と地域を橋渡しするコミュニティ・ソーシャルワーカーの業務手順を分析し、人材育成カリキュラム作成のための調査を行った。
(2)時期:2018年5月〜2019年2月
(3)内容:フィールド調査と業務標準化、訓練カリキュラム作成、研修・訓練用映像教材の作成、専門家と実務者による協議等
(4)地域:大分県別府市

4.アドバイザリー会議
(1)時期:2018年10月2日、12月18日、2019年3月5日
(1)内容:専門家を交えた会合を実施した。(年3回を予定)
成果物 2018年度 だれひとり取り残さない防災の実現のための研修プログラム
備考