日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

“高効率・省エネ”ヘビーリフトクレーンの技術開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:16,860位 (19,701事業中)
成果物アクセス数:3
更新日 : 2020年8月8日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥39,100,000
助成金額: ¥31,200,000
事業内容 本事業は、平成29年度と30年度の2年計画で行うもので、2年目の30年度は以下を実施した。

1.クレーン本体の試作
平成29年度の設計・性能試験を基に、ヘビーリフトクレーン(500トン)本体の試作を行った。その結果、高さ18m、ジブ(クレーンの腕)の長さ36mのヘビーリフトクレーンの試作機を完成させた。

2.クレーンの性能評価
試作されたクレーンの性能評価(速度試験、操作性確認)を実施した。
速度試験の目標値と試験結果はそれぞれ次のとおり。500トンの荷重に対して目標値が2.5m/min(主巻)のところ、試験結果は2.60m/min(主巻)。100トンの荷重に対して目標値が5.0m/min(主巻)のところ、試験結果は5.02m/min(主巻)。30トンの荷重に対して目標値が50m/min(補巻)のところ、試験結果は52.00m/min(補巻)となり、何れも目標の速度を達成することができた。
また、俯仰速度の目標値と試験結果はそれぞれ次のとおり。500トンの荷重に対して目標値が100sec(作業半径7m⇔20m移動時)のところ、試験結果は99.7sec、30トンの荷重に対して目標値が230sec(作業半径10.5m⇔40m移動時)のところ、試験結果は230.0secとなり、目標の俯仰速度を達成することができた。
さらに、旋回速度の目標値と試験結果はそれぞれ次のとおり。500トンの荷重に対して目標値が0.2rpmのところ、試験結果は0.20rpm、30トンの荷重に対して目標値0.4rpmのところ、試験結果は0.40rpmとなり、目標の旋回速度を達成することができた。

3.平成30年度報告書作成
実施内容を取りまとめた報告書を作成した。
成果物 平成30年度 “高効率・省エネ”ヘビーリフトクレーンの技術開発成果報告書
備考