日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(4月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海の未来に向けたコミットメント

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:8,620位 (19,414事業中)
成果物アクセス数:59
更新日 : 2020年4月4日

注目度とは?

団体名 笹川平和財団
団体名ふりがな ささかわへいわざいだん
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥161,353,331
助成金額: ¥161,353,000
事業内容 1.海洋政策の調査研究
(1)委員会の開催(2回)
海洋分野におけるSDGs推進をテーマに3回の研究会を開催した。
(2)各国の動向調査(10ヶ国)
EU・仏・英・中・韓・印・インドネシア・フィリピン・パラオ・ニュージーランドを対象に、海洋政策の動向の調査・分析を行った。また、国際的に関心の高まっている海洋ゴミ問題及び海洋保護区の動向について横断比較を、さらに各国の海洋政策に関する文書等の翻訳を行った。
2.国際海洋活動の推進
次の国際会議などに参加し、サイドイベントなどを開催した。
・「国家管轄圏外区域の生物多様性(BBNJ)」の保全と持続可能な利用に関する政府間会議(第一会期)(9月、ニューヨークの国連本部)
・第5回アワオーシャン会合(10月、インドネシア)
・国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)(12月、ポーランド)
3.海洋情報の発信
(1)「Ocean Newsletter」の発行及びウェブ掲載等
a.発行部数:各1,550部(月2回・計24回)第424号から第447号
Selected Papers No.23及び「海とヒトの関係学」1巻2巻発行
(2)海洋白書2019の刊行
a.発行部数:1,600部(年1回)及び「海洋白書2018」の英文版
成果物 2018年度総合的海洋政策の策定と推進に関する調査研究報告書
2018年度海の未来に向けたコミットメント 海洋に関する情報発信
2018年度海の未来に向けたコミットメント 海洋に関する情報発信
備考