日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

モバイル・ビッグデータの運輸部門における国内実証とASEAN諸国展開調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:17,530位 (19,185事業中)
成果物アクセス数:1
更新日 : 2019年5月25日

注目度とは?

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥22,497,945
助成金額: ¥20,000,000
事業内容 1.ASEANでのモバイル・ビッグデータの収集・活用に向けた国際セミナー等の開催
(1)時期:2018年4月〜2019年1月
(2)場所:ベトナム
(3)対象:日常的な通勤・通学・私事交通
(4)内容:モバイル・ビッグデータを活用することにより、これまで検討することができなかった交通問題の新しい解決方法について提案する国際セミナーをベトナムにて開催した。
2.モバイル・ビッグデータの収集・活用を日ASEAN交通連携プロジェクトに位置付けるための取り組み
(1)時期:2018年4月〜2019年1月
(2)場所:東京、ブルネイ、タイ、インドネシア、ベトナム
(3)対象:日常的な通勤・通学・私事交通
(4)内容:日ASEAN交通連携プロジェクトにおいて、モバイル・ビッグデータ活用による日ASEAN交通統計データベース構築に向けた位置づけを目指して活動を実施した。
3.国内実証実験結果の活用の推進
(1)委員会の実施:当初、学識経験者から構成される委員会を実施する予定であったが、ASEANとの調整が主であることから、委員会を実施せずに国土交通省およびASEAN事務局、また本事業のターゲット対象国と綿密に連携をとることを優先して事業を実施することとなった。
(2)つくば市への実証実験結果活用に係る提案活動の実施:つくば市での実証実験結果を活用し、ベトナムにおいて日本での事例としてモバイル・ビッグデータの活用例を提案することとなった。
4.報告書のとりまとめと成果の広報:モバイル・ビッグデータを活用した新しいモビリティに関する提案としてセミナーを開催するなど、様々な成果報告を実施し、広報に努めた。
成果物 2018年度 モバイル・ビッグデータの運輸部門における国内実証とASEAN 諸国展開調査報告書
備考