日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

デジタルアートを活用した病児・障がい児のためのリハビリテーション普及

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:13,739位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:7
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 Ubdobe(ウブドベ)
団体名ふりがな うぶどべ
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥49,946,000
助成金額: ¥49,946,000
事業内容 1. デジタルアートを活用したリハビリプログラム(デジリハ)実施
(1) 時期:2018年4月〜2019年3月
(2) 場所:4ヶ所
(3) 内容:デジタルアートを使ったリハビリテーションを実施した
2. デジタルアートとキッズプログラミング教室の実施
(1) 時期:2018年5月〜2019年3月
(2) 場所:東京都内(世田谷区)
(3) 内容:a. 小学校高学年の子どもを対象に、デジタルアートとプログラミング教室を55回開催した b. リハビリをする子どもと教室に通うキッズプログラマーで『子ども会議』を3回開催した
3. Medical Design Engineer養成
(1) 時期:2018年5月〜2019年3月
(2) 場所:東京都内(世田谷区)
(3) 内容:医療の知見もあり、デジリハのデザインやプログラムの開発サポートができるエンジニアの養成を1名実施し、11名育成した。
2018年度より「Digital Rehabilitation Engineer(以下DRE)」に名称変更
4. 医療福祉/療育関連のイベント出展
(1) 時期:2018年7月〜2019年3月
(2) 場所:全国
(3) 内容:広報を目的として、日本国内外の病院や施設に対し、デジリハの導入先を増やすためのデモを実施した
成果物 2018年度デジリハパンフレット
2018年度デジリハ事業報告書
2018年度デジリハ事業用名刺
2018年度デジリハアプリ動画
2018年度日経デジタルヘルス掲載記事
2018年度全国デジリハ説明会チラシ
2018年度国際福祉機器展出展記録
備考