日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

高校生を中心とした宇野港と瀬戸内の活性化(海と日本2018)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,118位 (19,258事業中)
成果物アクセス数:6
更新日 : 2019年8月24日

注目度とは?

団体名 UNOICHI実行委員会
団体名ふりがな うのいちじっこういいんかい
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,955,247
助成金額: ¥6,350,000
事業内容 若者たちの海への動機付けや海を活かしたまちづくりのため、学生が中心となり以下の事業を実施する。

1.海と島を感じ・知り・考える学生主体の船旅
(1)時期:2018年8月19日
(2)場所:宇野港と小豆島
(3)参加者:300人(うち高校生以下は150名)
(4)内容:船上ワークショップ、小豆島の高校生等によるガイドなど
2.海や地域の“食・ワークショップ・音楽”を楽しむマルシェ
(1)時期:2018年10月
(2)場所:宇野港
(3)来場者:3,000人
3.海に関するワークショップ
(1)時期:2018年6月〜2018年12月、平均3日/月
(2)場所:宇野港インフォメーションセンター
(3)参加者:市民・観光客 20人/日
(4)内容:専門課程や部活を活かしたクラフトや体験
4.宇和島での高校生による客船入港イベント(企画共作、開催支援)
5.海・港・島の魅力を伝える情報誌の製作
成果物 2017年度 高校生を中心とした宇野港と瀬戸内の活性化(海と日本2018)
備考