日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

NF-GEBCO Seabed 2030 (NF-GEBCO Seabed 2030) (実施中)

団体名 GEBCO Guiding Committee (大洋水深総図)
団体名ふりがな GEBCO Guiding Committee
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥128,812,500
助成金額: ¥128,812,500
事業内容 全世界の海底地形を解明し、海底地形図を作成するために、以下の事業を実施する。

1.設立準備
(1)期間:2017年8月1日〜2018年1月31日(半年)
(2)内容:
a)設立チームの結成
b)地域センター(RDACC)とグローバルセンター(GDACC)の設立
c)所長とスタッフの雇用
d)能力開発レビューの開始
e)Seabed 2030調査委員会の設立
f)マッピングコミュニティへの働きかけを開始

2.データ収集
(1)期間:2018年2月1日〜7月31日(半年‐10年計画の中、データ収集期間は3年半の予定)
(2)内容:
a)産業界、政府、学界などから既存の海底地形データの収集を開始
b)地域センターごとに編集委員会を設立
c)既存データを用いてセンターごとに担当地域の地図作成を開始
d)漁船、商船、レジャー用ボート等、データ収集可能な船と協力体制を築き、未開拓地域のデータ収集を開始
e)毎年更新する海底地形図のオフィシャルサイトを作成(GDACC)
f)事業目標を達成するにあたって必要な技術と知識を特定し、足りない箇所を補う策を提案する
成果物  
備考