日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

3次元艤装設計ツールの導入による中小造船所の人材確保 (実施中)

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥30,000,000
助成金額: ¥24,000,000
事業内容 1.3次元艤装設計支援ツールの導入促進
(1)管ナビ機能追加
a.時期:2017年4月〜2017年7月
b.場所:ソフトベンダ
c.実施方法:3D配管CAD管ナビ機能追加項目を事業参加会社で取りまとめ、ソフトベンダに委託発注する。
d.内容:一品図出力機能、集計表出力機能、サポート機能の追加
e.目的:一品図、サポート図、集計表の出力図面の精度向上
(2)実船船装配管設計または機関室諸管装置設計検証
a.時期:2017年8月〜2018年2月
b.場所:東京、造船所、外注設計会社
c.実施方法:設計検証内容を事業参加会社で取りまとめ外注設計会社に委託発注する。
d.内容:実船の船装配管設計または機関室諸管装置設計を行う。
e.目的:船装配管図、諸管装置図から取付図、一品図、サポート図、集計表までの出力図面の確認及び未熟練者活用の検証を行い、中小造船業への3次元艤装設計支援ツール導入促進を図る。
2.艤装品管理システム改善
a.時期:2017年10月〜2017年12月
b.場所:ソフトベンダ
c.実施方法:2016年度作成した艤装管理システムの改善機能を取りまとめ、ソフトベンダに委託発注する。
d.内容:参加会社の要望を取込み、艤装管理システムを完成させる。
e.目的:艤装品工程を効率化し、3D配管CADソフトの普及を図る。
成果物  
備考