日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ACT・アウトリーチ及び共同意思決定システムの推進 (実施中)

団体名 地域精神保健福祉機構
団体名ふりがな ちいきせいしんほけんふくしきこう
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,700,000
助成金額: ¥7,760,000
事業内容 1.ACTチームモニタリング調査
(1)日時:2017年4月〜2018年3月
(2)場所:全国25ヵ所
(3)参加者:ACTチーム、ACT全国ネットワーク関係者
(4)内容:
a.フィデリティ(忠実度)と利用者のアウトカムの調査の実施
b.調査員研修会の実施
c.外部スーパービジョンが必要なチームには、担当者を配置

2.スタッフ研修会の開催
(1)日時:2017年4月〜2018年3月 3回
(2)場所:未定
(3)対象者:ACT・アウトリーチに係わるスタッフ、未経験スタッフ 各回80名
(4)内容:ACTの理念や支援技術

3.リーダー養成研修によるスーパービジョン体制の整備
(1)日時:2017年4月〜2018年3月
(2)場所:東京都
(3)対象者:全国のACTチームリーダー 25名
(4)内容:
a.ACTチームリーダーに対するスーパービジョン、システムの継続的な構築
b.コンサルテーションもできるリーダーの育成

4.SDMに係わる多職種スタッフ研修
(1)日時:2017年4月〜2017年9月 
(検討委員会 計5回、研修 ピアスタッフ向け 2日、医師向け 1.5日、その他スタッフ向け 1.5日)
(2)場所:東京都
(3)対象者:SDMシステムを導入する機関のピアスタッフ、医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士など 20名
(4)内容:
a.研修内容・体制に関する検討委員会を行い、研修テキストを作成
b.研修会の実施
成果物  
備考