日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,849位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:23
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 九州運輸振興センター
団体名ふりがな きゅうしゅううんゆしんこうせんたー
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,640,000
助成金額: ¥20,640,000
事業内容 1.事業等を実施していくための組織運営の維持
2.懸賞論文の募集
大学の研究機関等における交通経済に関する研究を促進、その研究成果を交通運輸産業に活かすことにより、九州圏内の交通運輸観光、地域社会の活性化に寄与することを目的とし、懸賞論文を募集。
3.機関誌の発行
交通及び観光に関する情報を収集して編集・発行し、賛助会員、その他関係者に配布することにより、情報提供・サービスの向上を図った。
4.講演会・セミナー等の開催
 ・講演会:交通及び観光の振興と近代化に関する講演会を、各県トラック協会との共催で実施。98名
 ・九州運輸コロキアム:九州内外から講師を招き、交通・運輸全般について情報提供、且つ自由・活発な討議の場を提供。2回、206名
 ・海事振興セミナー:海事振興を目的として、地域の要望に沿ったセミナーを開催。134名
 ・企業経営基盤強化等セミナー:時宜に応じたテーマ・内容のセミナーを関係業界団体と連携して企画・開催。2回、524名
5.次世代の海事産業を担うことになる小中学生等への啓発活動(海の子育成)
「九州海事産業次世代人材育成推進協議会」と連携し、小中学生及び教諭を対象に海事産業現場の見学会等を実施することにより、海事産業の重要性の認識や理解促進等を図った。4回、103名
6.九州の交通・運輸に関する統計の整備
交通、運輸に関する統計資料を収集及び編集して、ホームページ上で公開。
7. バリアフリー啓発促進事業
旅客船乗組員や運航管理に従事する者を対象としたバリアフリー研修(バリアフリーについて基礎的な知識の習得(座学研修)、高齢者・車椅子等の疑似体験(実習)を実施。34名
成果物 2017年度基盤整備事業 懸賞論文受賞論文要旨、授賞式・審査委員会写真
2017年度基盤整備事業 九州うんゆジャーナル 110号-112号
2017年度基盤整備事業 新春講演会プログラム、開催写真
2017年度基盤整備事業 九州運輸セミナー、第60回・61回九州運輸コロキアム、物流効率化化シンポジウム プログラム、開催写真、講演録
2017年度基盤整備事業 第18回海事振興セミナー プログラム、開催写真、講演録
2017年度基盤整備事業 海の子育成に係る見学会等 実施概要、開催写真
2017年度基盤整備事業 バリアフリー講習会実施要領、開催写真
備考