日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

全世界の海底地形の解明に向けた技術開発促進 (XPRIZE to Seabed 2030)

団体名 GEBCO Guiding Committee (大洋水深総図)
団体名ふりがな GEBCO Guiding Committee
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥39,315,500
助成金額: ¥39,315,500
事業内容 Seabed-2030における技術イノベーションの分野に貢献するプロジェクトとして、海底地形の調査に使用可能な無人水上艇の製作、およびそれを用いた海底地形データ収集のシステムの構築等のために、以下を実施した。

1.無人水上艇の製作およびシステム構築に係る準備
(1)内容:先端的な企業と連携した無人水上艇(SEA-KIT)の開発・設計、無人水上艇とAUV(自律型無人潜水機)を組み合わせた海底地形図データ収集のためのシステム構成及びその試行

2.ネットワーク強化
(1)内容:
a.NF-GEBCOフェローで構成されるチームによる無人小型観測機の製作のためのネットワーク強化
b.Ocean17、AGU、ESRI User Conference等の海洋調査や地理、GISに関連する国際的会合への参加
c.Shell Ocean Discovery XPRIZEへの参加
成果物  
備考