日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

貨物運搬船(自動車専用船,コンテナ船等)の貨物が受ける振動・傾斜他記録データをリアルタイム取得するシステムの技術開発

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,584,989
助成金額: ¥15,200,000
事業内容 本事業は、平成29年度と30年度の2年計画で行うもので、初年度は以下を実施した。

1)データ収集の要求調査検証およびデータ取得方式/仕様検討決定
振動・傾斜・衝撃・温度・湿度等の現状課題解決のために必要なデータ収集要求の調査を実施し、要求スペックと想定仕様の検証を行った。調査結果を基にデータ取得方式や振動・傾斜記録装置の仕様決定を行った。
2)振動・傾斜記録装置およびデータ送信ゲートウェイ装置の試作設計
1)で決定した仕様を基に試作設計を実施した。
・データ収集センサー回路
センサー回路用デバイスの選定と回路設計を実施し、基板設計およびセンサー回路を試作した。
・データ蓄積回路
データ蓄積回路用デバイスの選定と回路設計を実施し、基板設計およびデータ蓄積回路を試作した。
・データ蓄積制御ソフトウェア
装置の初期化起動を制御し、振動、傾斜センサーから取り込み蓄積するソフトウェアの開発を実施し、試作ハードウェアへの実装と動作確認を実施した。
・データ送信部ゲートウェイ回路
データ送信部回路用デバイスの選定と回路設計を実施し、基板設計およびデータ送信回路を試作した。
・データ送信部ゲートウェイ制御ソフトウェア
センサー回路から取り込んだデータをデータ収集/解析サーバーへ送るためのデータフォーマット変換と通信制御ソフトウェアの開発を実施し試作ハードウェアへの実装と動作確認を実施した。
3)成果報告書の作成
開発成果に関する報告書を作成した。
成果物  
備考