日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難救助等社会貢献者の表彰 (実施中)

団体名 社会貢献支援財団
団体名ふりがな しゃかいこうけんしえんざいだん
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥133,200,000
助成金額: ¥133,200,000
事業内容 人命救助・社会貢献(国内における活動及び、日本人による海外での活動)の分野において、顕著な功績をあげながら、社会的に報われる機会の少ない個人や団体に対し表彰を行う。当財団のHPやDM,新聞広告を通じて広く一般からも推薦を募り、応募があったものから、会長の諮問機関である表彰選考委員会において、功績書に書かれた活動内容や、掲載された新聞記事等の資料を基に、80件程度の選考が行われる。選考された方々に対し、事務局が出向いて、受賞の意思と、功績書の内容に照らし合わせて確認のための聞取りを行い、会長に報告され、最終的に会長が受賞者を決定する。式典は7月と11月の2回、帝国ホテルにて開催する。7月は前年度の応募から選考された人命救助の功績および、日本人の海外における社会貢献活動の功績、計30件に対し表彰式典を、受賞者関係者を中心に300名程の招待客を招き表彰式典と祝賀会を開催する。11月は日本国内における社会貢献活動の功績への表彰を、50件の方々に対し700名程の招待者を招いて行う。また前日には受賞者間の交流と情報交換の目的、団体間の今後の連携を視野に、前夜祭を開催する。共に式典には、当財団の理事・監事・評議員・選考委員を始め、地方新聞、受賞者の関係者が集う中、表彰状の授与と副賞として日本財団賞を贈呈する。式典及び祝賀会の模様を録画したDVDを後日受賞者に配布するとともに、受賞が掲載された新聞記事や募集広告等の記事綴りとして制作する。また、受賞者に手記として、これまでの活動内容や、受賞の喜びを記載したものを後日提出していただく記録集を製作する。
成果物  
備考