日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

津波防災のためのオレンジフラッグ普及促進プロジェクト(海と日本2017)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,813位 (19,302事業中)
成果物アクセス数:24
更新日 : 2019年11月9日

注目度とは?

団体名 防災ガール
団体名ふりがな ぼうさいがーる
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥25,038,281
助成金額: ¥20,000,000
事業内容 全国で「津波防災=オレンジフラッグ」という啓発を行い、若者が主体となった海の防災のムーブメントを起こすことを目的に以下の事業を実施した。

1.海の防災ツールの開発
(1)時期:2017年5月から12月
(2)場所:日本全国
(3)参加者:600人
(4)内容:
防災グッズであるパラシュートコードを使った防災ミサンガとラウンドタオルを開発。.#beORANGE公式ECサイトと店頭で販売した

2.宮崎県内での防災コミュニティ形成
(1)時期:2017年1月から12月
(2)場所:宮崎県
(3)参加者:579人
(4)内容:オレンジフラッグを活用した避難訓練イベント実施した

3.津波防災教育の開発
(1)時期:2017年6月から12月
(2)場所:宮崎県
(3)参加者:22人
(4)内容:体験型津波避難訓練プログラム「FLAGO」を制作し、FLAGOを使った津波防災授業を実施した

4.オレンジフラッグ関係者コミュニティ化および法制化
(1)時期:2017年3月から12月
(2)参加者:サミット招待者98人、運営者20人 計118人
(3)内容:定期的な連絡・掲揚実施願いを実施、マニュアル作成、津波防災を広める仲間と作戦会議を行いコミュニティを構築した。オレンジフラッグfacebookコミュニティ:119人(3月末時点)

5.活動の周知活動
(1)時期:2017年3月から12月
(2)内容:テレビ・新聞・WEBメディア等と連携し300件以上の露出を実施、SNS・WEBサイト運用を実施、プレスリリースを毎月配信
成果物 2016年度津波防災プロジェクト #beORANGE プロモーションビデオ
2016年度#beORANGE事業完了報告書
備考