日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ICRP福島復興支援事業 (ICRP efforts supporting recovery following Fukushima Daiichi) (実施中)

団体名 International Commission on Radiological Protection (国際放射線防護委員会)
団体名ふりがな  
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥119,000,000
助成金額: ¥29,900,000
事業内容 1.福島ダイアログ・フォーラムの開催
被災地の住民、行政、非営利団体、コミュニティ・リーダーたちを交えて、低線量放射線影響下での様々な問題の解決に向けたコンセンサスを醸成するためのダイアログ・フォーラムを年間3回開催する。また、こうしたダイアログ・フォーラムの成果等を政府の関係省庁や日本人専門家との対話をあわせて実施する。
実施予定
(1)2017年7月  福島県
(2)2017年11月 福島県
(3)2018年2月  福島県/宮城県筆甫地区

2.教育・アウトリーチ事業
環境科学技術研究所及び放射線影響研究所と共催で、放射線防護の専門家及び関連領域の専門家を対象に、福島第一原発事故により顕在化した諸課題に関する教育・アウトリーチ事業を年間2回開催する。2017年度は、「医療上の放射線防護」と「廃棄物処理上の放射線防護」の2つのテーマを取り上げる。
実施予定
(1)医療上の放射線防護: 2017年10月 福島県、横浜市
(2)廃棄物処理上の放射線防護: 2017年10月 福島県、東京都

3.ICRPガイドラインの改訂
福島第一原発事故で明らかになった放射線防護のガイドラインの問題点を改訂するため、日本人専門家や関係者へのヒアリングや議論を行う。
実施予定
(1)2017年10月 福島県、東京都
成果物  
備考