日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

スマホアプリを活用したバリアフリー情報の収集・発信

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,300位 (18,849事業中)
成果物アクセス数:5
更新日 : 2018年12月8日

注目度とは?

団体名 CANPANセンター
団体名ふりがな かんぱんせんたー
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥34,568,380
助成金額: ¥34,568,000
事業内容 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けバリアフリー環境の整備の重要性が再認識され、様々な取組みが検討・開始されている中、日本財団が開発したバリアフリー情報アプリBmapsを譲り受け、障害者や高齢者が外出し様々な場所を訪れる際のバリアフリー情報を収集・発信すした。

1.バリアフリー情報アプリBmapsの開発
(1)投稿機能等のユーザー利便性の向上
(2)デザインの改修 等
2.広報活動
(1)投稿ユーザー登録者増を目指したプロモーション
(2)スポット情報の登録増を目指したプロモーション
3.Bmapsの保守・運用
成果物 2016年度 バリアフリー情報アプリ「Bmaps(ビーマップ)」
2016年度 バリアフリーマップアプリ「Bmaps? 誰もが安心して外出できる社会へ?」の事業紹介
備考