日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

熊本地震の被災児童に対するフェリーを用いた海洋体験事業の実施

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,046位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:21
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 九州運輸振興センター
団体名ふりがな きゅうしゅううんゆしんこうせんたー
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥66,818,477
助成金額: ¥66,818,477
事業内容 2016年4月に発生した熊本地震おいて、被災地域の児童に対するリフレッシュや心のケアを目的に、以下の海洋体験機会の提供を実施した。

1.花火大会クルーズの実施
(1)日程:2016年8月12日、8月25日(合計2回)
(2)場所:島原湾(熊本港発着)
(3)対象:熊本県の被災した小中学生及び保護者 2回合計428名
a.8月12日:小中学生116名、保護者116名 計232名
b.8月25日:小中学生98名、保護者98名 計196名
(4)内容:フェリーでの体験クルーズ及び港での花火鑑賞、海洋や港湾に関する学習教室

2.フェリーを用いた海洋体験の実施
(1)日程:2016年8月27日〜28日(1泊2日)
(2)場所:八代港発着の九州西岸沖の航路
(3)対象:熊本県の被災した小中学生185名、保護者98名、合計283名
(4)内容:海洋観察、ブリッジ見学、ロープワーク、海や船に関する座学、イルカウォッチング、星空観測など
成果物 2016年度熊本地震の被災児童に対するフェリーを用いた海洋体験事業の参加募集広告、写真
備考