日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

「北極海航路ハンドブック」の作成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:12,685位 (18,920事業中)
成果物アクセス数:10
更新日 : 2019年2月16日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,001,711
助成金額: ¥7,920,000
事業内容 北極海航路の航行実務に関する専門技能・技術に係る基本的な知識の普及を図るため、以下の事業を実施した。

1.文献・資料調査
(1)場所:国立極地研究所情報図書館、東京海洋大学付属図書館
(2)内容:北極海又は氷海における船舶運行実務に関し、国内外の文献・資料を収集・整理
2.ヒヤリング調査
(1)時期:2016年4月〜2017年2月
(2)場所:
a.国内:北海道(海上保安部、北見工大、道立流氷科学センター等)、兵庫(神戸大、海技大)、広島(海保大、呉市生涯学習センター)、東京(極地研、東大、海洋大等)、神奈川(海技教育機構本部等)
b.海外:カナダ(ニューファンドランド記念大学氷海シミュレーションセンター)
(3)内容:北極海等の船舶運航専門家、氷海船建造の専門家等へのヒヤリング
3.乗船調査
(1)時期:2017年1月29日〜2月4日
(2)場所:ノルウェー及びフィンランド
(3)内容:「北極海航路ハンドブック(実務編)上巻・下巻」の記載内容の確認・検証等
4.検討委員会
(1)時期:2016年7月〜2016年12月 
(2)場所:東京(海事センター)
(3内容:「北極海航路ハンドブック検討委員会」を開催、北極海航路ハンドブック案についての審議、承認
5.印刷物の作成・配布
(1)時期:206年6月〜2017年3月
(2)内容:「北極海航路のハンドブック 実務編(下巻)」の作成、配布(1,200冊)
6.当協会ホームページでの公開
(1)時期:2016年4月〜2017年3月
(2)内容:ホームページにて「北極海航路のハンドブック 実務編(下巻)」英文バージョンを公開
成果物 2016年度「北極海航路ハンドブック」の作成
備考