日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備

団体名 地域精神保健福祉機構
団体名ふりがな ちいきせいしんほけんふくしきこう
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,317,500
助成金額: ¥5,054,000
事業内容 1.モニタリング調査
(1)日時:2016年11月〜2017年3月
(2)場所:全国19ヵ所、うち利用者のアウトカム調査は11ヵ所
(3)参加者:ACTチーム、ACT全国ネットワーク関係者
(4)内容:
a.ACTチームやアウトリーチを行っている事業所に対してサービスの質と利用者のアウトカム・成果を調査
b.調査員を対象とした研修会の実施(31名受講)
c.外部のスーパービジョンが必要なチームにはメールや電話にてアドバイスを実施

2.スタッフ研修会の開催
(1)日時:年間5回(2017年3月〜2017年7月)
(2)場所:福岡県福岡市、北海道旭川市、岡山県岡山市、東京都中央区、愛知県名古屋市にて各1回開催
(3)参加者:ACTやアウトリーチに係わるスタッフ、これから係わるスタッフ
(155名、28名、150名、66名、48名の計447名、平均約90名/回)
(4)内容:地域生活支援に必要なACTの理念や支援、アウトリーチにおける家族支援など

3.スーパービジョン体制の整備
(1)日時:2017年6月17日
(2)場所:東京八重洲ホール
(3)参加者:全国のACTチームリーダー20名
(4)内容:LGBT当事者の講演を基にACTのチームワークや支援の枠組みに置き換えたグループワークを実施。チームリーダーとして人の個性や多様性など配慮すべき点を学習。相互のスーパービジョンの実施。
成果物  
備考