日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,914位 (19,216事業中)
成果物アクセス数:152
更新日 : 2019年6月22日

注目度とは?

団体名 海難審判・船舶事故調査協会
団体名ふりがな かいなんしんぱんせんぱくじこちょうさきょうかい
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥32,400,000
助成金額: ¥32,400,000
事業内容 1.海難審判等に関する調査研究事業
(1)海難審判及び海難審判事件に関する調査研究
海難審判について、海難審判所裁決例集に取り上げるべき裁決の選定、判示事項の抽出等に関する調査研究を行う海難審判裁決例調査研究会(年4回)を開催した。その中で52件を裁決例にし、その結果を「海難審判所裁決例集(56巻)」を編集、170部を刊行し、有償で提供した。
(2)船舶事故等の調査に関する調査研究
a.船舶事故等調査報告書について、事故原因等を分類化して海事関係団体に情報提供するなど、事故防止に有益な事項について調査研究会(3回)を行ない、4件の事故を取り上げ、「船舶事故事例集」600部を刊行した。
b.「運輸安全委員会船舶事故分析集」を編集、1,000部刊行、海事関係団体等に配布。

2.海難審判関係人等の権利擁護事業
(1)海難審判の扶助事業
資力が乏しく自ら海事補佐人を依頼できない受審人に、必要な経費を扶助した。  
(2)海難審判等相談事業
全国9ヵ所の相談所において、海難審判及び船舶事故調査に係る一切の相談に無料で応じるとともに、海難防止に関する指導の相談を、計972名応じた。
また、海南審判等の相談が無料である旨を記載した不織布トートバックを作製し、各相談所経由で関係方面へ配布した。

3.海難審判及び船舶事故調査に関する広報、周知啓発事業
(1)海難情報等提供事業
本協会のホームページを通じ、検索機能を付加した海難審判裁決書及び運輸安全委員会船舶事故調査報告書を掲載、その他海難情報・各種統計表・資料等を提供した。(2014年度 裁決339件)
(2)図書、会誌刊行事業
海難審判所裁決録(各70部刊行)、機関誌「ふねとうみ」(各2,000部刊行)した。
成果物 2016年度機関誌「ふねとうみ」
2016年度機関誌「ふねとうみ」
2016年度海難審判所裁決録(平成27年)
2016年度海難審判裁決例調査研究事業
2016年度機関誌「ふねとうみ」
2016年度海難審判所裁決録(平成27年)
2016年度助成事業完了報告書(基盤整備)
2016年度運輸安全委員会船舶事故分析集(平成28年度版)
備考