日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

中小造船業への新しい生産管理手法の導入による人材活用

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,004,082
助成金額: ¥16,000,000
事業内容 造船所の生産工程を最適化し、現有人材の最大限の活用並びに新たな潜在労働力の造船現場への有効活用を図るため、以下の事業を実施した。

1.生産工程実態調査並びに地方自治体ヒアリング
(1)時期:2016年5月〜2月
(2)場所:事業参加造船所及びモデル候補造船所及び地方自治体12ヵ所(八戸2ヵ所、東京、石巻、今治2ヵ所、佐伯、横須賀、下関、福岡、臼杵、江田島)
(3)対象:事業参加造船所及びモデル候補造船所及び地方自治体
(4)内容:
a.モデル候補造船所の選出
b.生産現場の工程調査・分析
c.人材活用実態、新たな労働人材の規模等の自治体へのヒアリング等

2.最適造船工程設計及び新しい工程管理システム仕様作成
(1)時期:2016年7月〜9月
(2)場所:八戸、東京、今治、福岡、臼杵
(3)内容:上記1の生産工程の実態調査に基づいて、工数最適化を目的とした生産計画とその実行管理を支援する工程管理システムの仕様を作成した。

3.新しい工程管理システム開発
(1)時期:2016年10月〜2017年3月
(2)場所:福岡、伊万里
(3)内容:上記2の仕様を基に、生産管理支援システムを開発した。
成果物  
備考