日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

家庭・学校・地域への「海の日」と「海の安全」教育を推進するための「全国一斉事業」の開催(海でつながる)

団体名 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
団体名ふりがな ぶるーしーあんどぐりーんらんどざいだん
年度 2015年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,158,519
助成金額: ¥2,526,000
事業内容 多くの小中学生が、海に安全に楽しく親しめるようになることを目的に、「海の日」と「海の安全」を学ぶ教室を開催した。

1.ギネス登録を目指す全国一斉事業
(1)時期:7月24日
(2)場所:全国の海洋センター等64会場、葛西臨海公園
(3)参加者:1,581名
(4)内容:1分間ペットボトル浮き、ライフジャケット浮遊体験、安全紙芝居等
2.おやじ会を対象とした指導者育成研修会
(1)時期:6月19日、26日
(2)場所:船の科学館プール、日本体育大学世田谷キャンパス内温水プール
(3)参加者:21名
(4)内容:水辺の安全教室、カヌー実習の指導法研修
3.研修会を受講した指導者による教室
(1)時期:7月16日、8月28日、9月10日、10月15日
(2)場所:船の科学館プール、杉並区内小学校プール
(3)参加者:95名
(4)内容:水辺の安全教室、カヌー体験教室
4.教員研修
(1)時期:5月〜10月
(2)場所:小学校18校、区教育委員会、大学等
(3)参加者:教員等 296名
(4)内容:海の安全について学ぶ教室を実施するための研修等
5.海の安全について学ぶ教室
(1)時期:5月〜10月
(2)場所:小中学校189校
(3)参加者:14,800名
(4)内容:海の日の成り立ちや海の仕事・環境などの学習等
6.臨海学校における「海の日」と「海の安全」を学ぶ教室
(1)時期:7月21日〜23日
(2)場所:新潟県柏崎市鯨波海岸
(3)参加者:世田谷区桜小学校4〜6年生71名、教員・指導員19名
(4)内容:臨海学校内で「水辺の安全教室」と「海洋性レクリエーション」の実施
成果物  
備考