日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 2015年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥50,000,000
助成金額: ¥50,000,000
事業内容 1.経営生産基盤の整備に関する事業
・政策委員会、業種別部会、舶用次世代経営者会議等の一層の活性化を図るとともに、海運、造船等ユーザー業界、一般財団法人日本海事協会との懇談会等を通じて関係業界との交流連携を促進した。
・経営戦略セミナーの開催、融資の斡旋等を行い、経営基盤強化を図った。
・舶用工業を支える人材の確保・養成対策のため、優秀な技能者を舶用マイスターとして認定、学生を対象とした寄付講義、業界説明会の開催、若手社員教育の一環として乗船研修、海運・造船概論講座の実施等を行った。
・舶用工業製品の模倣品対策を推進するため、関係機関等とも連携し、国内外の情報交換、模倣品防止用純正品ラベルの普及促進を積極的に行った。
・業界標準であるSM標準の制定見直しを行い、舶用機器の標準化を推進した2.環境問題への対応に関する事業
・シップリサイクル・排ガス・省エネ対策等環境規制への対応等の対策を行った。
3.研究開発等の活性化に関する事業
・新製品開発に関する可能性調査「F/S」の実施、研究会の開催、舶用技術フォーラム等を通じ、産官学連携による戦略的テーマを発掘し、新製品開発活性化のための環境整備を行った。
4.国際化への対応に関する事業
・米国・韓国・中国・欧州の関係団体との交流、海外市場動向等の調査、海外海事展に合わせ視察ミッション派遣等グローバル展開を実施した。
成果物  
備考