日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋センターを活用した地域コミュニティの再生に関するモデル事業の推進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,869位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:36
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
団体名ふりがな ぶるーしーあんどぐりーんらんどざいだん
年度 2015年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥24,892,254
助成金額: ¥24,892,000
事業内容 過疎化の進む地域コミュニティの再生を目的として、モデル自治体において海洋センターの新たな活用方法を検討した。

1.モデル自治体に対する施設改修等の支援
(1)期間:2015年4月〜2016年3月
(2)場所及び内容
a.北海道積丹町B&G海洋センター
(イ)子育てコミュニティ・子ども居場所づくり
(ロ)憩いの場づくり
(ハ)健康づくりを通したコミュニティづくり
b.熊本県湯前町B&G海洋センター
(イ)憩いの場づくり
(ロ)健康ベースアップ事業
(ハ)ボランティア活用事業
(3)支援規模:1自治体 1,000万円

2.モデル自治体への職員派遣による協働事業の構築
(1)期間:2016年1月〜2016年3月
(2)場所:同上
(3)内容:本団体職員を派遣して、住民のニーズを把握し、海洋センターの新たな活用方法について企画立案を行った。

3.住民意識調査の実施
(1)目的:地域住民の健康や生活の意識、コミュニティ事業への参加状況等の現状を把握し、その結果を事業計画へ活用すること
(2)依頼先:
a.積丹町:札幌学院大学 経営学部 河西邦人教授
b.湯前町:熊本大学 教育学部 中川保敬教授
(3)対象者及び回収率:
a.積丹町:18歳以上の住民2,087人、56.1%
b.湯前町:18歳以上の住民3,661人、81.5%
成果物 2015年度海洋センターを活用した地域コミュニティの再生に関するモデル事業事業周知資料
2015年度住民意識調査・分析結果資料
備考