日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2015年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥107,770,000
助成金額: ¥107,770,000
事業内容 1.理事会・社員総会の開催
(1)時期:第1回通常理事会・2015年5月28日、第1回臨時理事会・第1回社員総会・同6月15日、第2回臨時理事会・同10月19日、第3回臨時理事会・2016年1月22日、第4回臨時理事会・同1月22日、第2回通常理事会・総会(臨時)は2016年3月23日に開催
(2)場所:東海大学校友会館(霞ヶ関ビル)
(3)対象者:人数:各理事(33名)及び正会員(56団体)
(4)内容:2014年度事業・収支報告他(第1回)、2016年度事業計画・収支予算(第2回)

2.一般事業・全国海難防止強調運動実行委員会の開催
(1)時期:3月
(2)場所:全国
(3)対象者:全国の海運・漁船関係者
(4)内容:海難防止・海洋汚染防止に関し、関係者を中心に広く国民に啓蒙活動を行った。

3.助成事業
 海上安全に関する国際情報収集活動事業

4.助成事業・補助事業
・日本財団助成事業
・日本海事センター補助事業として「海上交通安全事業及び海洋環境保全事業」「海上安全に関する国際情報収集活動事業」「海難防止団体連絡調整事業」を実施し、事業の効率的な促進を図り、成果は関係官庁の施設や民間における海難防止及び海洋環境の保全に役立てた。
・地方公共団体補助事業としてNOWPAP/RCU富山オフィス運営にかかる経費のUNEP(国連環境計画)が管理する信託基金に対しUS$300,000を拠出し、支援を行った。

5.受託事業
 国土交通省、海上保安庁、地方公共団体、民間企業から依頼を受け15事業の調査を実施。契約額 156,254,175円
成果物  
備考