日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋秩序維持に関する国際戦略等に係る調査

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2015年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥32,231,402
助成金額: ¥32,231,000
事業内容 2004年度から海上保安庁出身調査役を米国に派遣し、海事セキュリティ関係の情報収集、日米海上保安当局間において協調可能な分野に関する調査・研究を行ってきた。これまでの調査研究を通じてUSCGをはじめとする政府系機関等との継続的な人脈形成が図られてきているが、引き続き、以下の調査を行った。

1.米国の海洋秩序維持(特にアジア太平洋地域)に関する戦略等の調査の深化
(1)時期:2015年4月〜2016年3月
(2)場所:ワシントンDC
(3)対象:米国海洋政策・戦略
(4)内容:アジア太平洋地域をとりまく安全保障の環境変化を踏まえ、米国の海洋政策・戦略の方向性(米海軍、沿岸警備隊の統合運用等)について調査した。また、3か年計画の最終年度として、米国の海洋政策・戦略の現状及び課題を取り纏めるとともに、国際的な海洋秩序を維持するための海洋政策・戦略について提言を行った。

2.これまでの調査活動を踏まえ海洋秩序維持に関する日本の立場、政策に関する発信を行った。
(1)時期:2015年4月〜2016年3月
(2)場所:ワシントンDC等
(3)対象:米国海洋政策立案者、研究者、一般
(4)内容:海洋秩序維持に関して我が国が行ってきた取組みについて、ワークショップ等を通じて発信した。

3.海洋秩序維持のための教育制度の調査
(1)時期:2015年4月〜2016年3月
(2)場所:ワシントンDC
(3)対象:米海軍及び米国沿岸警備隊
(4)内容:これまでの調査結果を踏まえ、国際連携・協力に的確に対応できる高度な人材育成に必要な教育制度についてまとめた。
成果物  
備考