日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

中小型船の騒音対策のための検証研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,083位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:48
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2014年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥50,049,669
助成金額: ¥40,000,000
事業内容 中小型船建造事業者が騒音コードをクリアすることができるよう、以下の事業を実施した。

1.実船での規制値を10dB超える騒音削減対策検証
(1)発電機防振支持対策検証
a.13000GT一般貨物船に発電機防振対策を実施、効果を検証
b.9900GTコンテナ船に発電機防振対策を実施、効果を検証
(2)排気管サポートの防振対策検証
a.13000GT一般貨物船の主機及び発電機に排気管サポートの防振対策を実施、効果を検証
b.9900GTコンテナ船の主機及び発電機に排気管サポートの防振対策を実施、効果を検証
(3)浮床対策実船検証
a.11500GTケミカルタンカーの食堂に浮床対策を実施、効果を検証
b.2900GTLPG船の居室に浮床対策を実施、効果を検証
(4)防音材床対策実船検証
a.21100GTケミカルタンカーの乾燥室に防音材床対策を実施、効果を検証
(5)機関室囲壁と甲板室の切離し対策検証
a.8000GTLPG船に機関室囲壁と甲板室の切り離し対策を実施、効果を検証
b.23000GTバルクキャリアに機関室囲壁と甲板室の切り離し対策を実施、効果を検証
c.35000GTバルクキャリアに機関室囲壁と甲板室の切り離し対策を実施、効果を検証
d.内容:機関室取りまき型実船に対して、機関室囲壁と甲板室の切り離し対策の試設計を実施、対策実施に伴う課題を検討、評価
(6)機関室と甲板室の間に空所、制御室、機器室等を配置対策実船検証
a.23000GTバルクキャリアを対象に機関室と甲板室の間に空所、制御室、機器室等を配置する対策を実施、効果を検証
(7)制振材対策検証
a.14900GT貨物船の主機近傍のウェブフレームに制振材取付対策を実施、効果を検証
2.騒音予測プログラムのチューニング
3.欧州調査
成果物 2014年度 中小型船の騒音対策のための検証研究
備考