日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

被災造船関連事業者の再活性化への取り組みサポート

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2014年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,495,567
助成金額: ¥3,596,000
事業内容 被災地の造船関連事業者の再活性化を目指し、以下の事業を実施した。

1.研修
(1)溶接技能及び電機艤装
a.時期:2015年1月〜2015年8月
b.場所・人数:気仙沼、石巻、八戸、東松島 119名
c.協力:造船技能開発センター、日本船舶電装協会
d.内容:造船技能開発センターで使用しているテキストを用いて、NK溶接士資格の取得を目標に、初級者向けの研修を行った。また、2010年度日本財団助成事業で作成した電装技能研修用教材を用いて、初心者を対象に、電線の切断・結線に関する研修を行った。
(2)安全
a.時期:2014年12月
b.場所・人数:八戸 40人
c.協力:日本造船協力事業者団体連合
d.内容:高所・玉掛けなどの災害を擬似体験できる施設・機械を設置し、労働災害の危険性をリアルに体験することができる出張型労働災害疑似体験教育を行った。
2.漁船造船における新分野事業計画作成のための基礎調査
被災地域における造船所の復興と経営基盤の強化の両立を諮るために、これまで鋼船を中心に事業活動を行ってきた中小造船所が新たな事業分野として事業計画が作成できるよう、以下について基礎的な調査を行った。
(1)大型FRP漁船の需要調査
(2)大型FRP漁船建造のために必要な設備・技術の分析
(3)大型FRP漁船の建造のための課題の整理
成果物  
備考