日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船所の設計技術者の育成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,945位 (19,185事業中)
成果物アクセス数:34
更新日 : 2019年5月25日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2014年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥15,045,164
助成金額: ¥12,000,000
事業内容 中小型造船所における設計能力向上のため、設計技術者の育成事業を実施した。

1.設計技術者育成のための委員会を開催
(1)開催回数6回
(2)議題:
第1回:補講実施状況報告、年間実施計画確認、第1回講座のカリキュラム確認
第2回:第1回演習結果の審査と評価、第2回講座のカリキュラム確認、外部講師確認、終了演習課題確認
第3回:第2回講座の反省、第3回講座のカリキュラム確認、外部講師確認
第4回:第3回講座の反省及び課題演習結果の審査と評価、終了式式次第審議、報告書作成方針審議
第5回:総括講義・終了式の反省、事業報告書のまとめ
第6回:事業報告書の確認、事業達成目標の確認

2. 講座
(1)日数:5日間/回 3回開催。補講を3日間/回 1回開催。
PSV基本計画講義1日間/回 1回開催
極海コード(Polar Code)適用設計講習会 1日間/回 1回開催
この他に、講座欠席者のための補講を、2回開催。(2日間/回、1日間/回を1回ずつ開催)
(2)参加者数:13名
(3)講師:大手企業OB等 12名(OB:5名、現役:7名)
(4)内容:
a.補講講座:基本計画作成演習の準備のための講義、NAPA及びHOPE Lightを使った課題設計演習
b. 第1回講座:基本計画作成演習の準備のための講義、NAPA及びHOPE Lightを使った課題設計演習(プロペラ設計の検討を含む。)
c.第2回講座: デザインコンペ方式による性能、経済性に優れた中高速船等の企画
d.第3回講座: 経済性に優れた中高速船等の企画書に基づく基本計画の作成、提案並びに基本設計演習
e.海洋開発関係船舶T基本計画講義
f.海洋開発関係船舶U極海コード適用設計講習会
成果物 2014年度 造船所の設計技術者の育成
備考