日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

大陸棚延長に関する国際情報発信及びネットワーク構築

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 2014年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,878,342
助成金額: ¥16,878,000
事業内容 国連海洋法条約に基づく大陸棚延長について、科学的な知見に基づく情報発信や、相互理解に基づくネットワークの構築するため、以下の事業を実施した。

1.国内研究会の設置
(1)時期:2014年5月〜2015年2月 9回
(2)内容:国内の国際法等の専門家からなる研究会を組織し、日本の大陸棚延長についての資料収集と定期的な議論を行った。研究会では、専門家らが共同で論文を執筆し国際的な学術誌に投稿するとともに、国際ワークショップの準備に当たった。

2.国際ワークショップの開催
(1)時期:2015年3月26〜27日
(2)場所:日本財団ビル
(3)内容:国際的に著名な国際法学者、大陸棚専門家等を招聘し、国内の国際法学者とともに法学的観点から、大陸棚限界委員会(CLCS)の現状の課題等について議論する専門家向けワークショップを開催した(非公開)。なお、終了後には海外有識者ら向けの日本視察も実施した。

3.国際法学者等のネットワーク構築
上記1及び2を通じて、国内外の国際法学者等からなるネットワークを構築した。
成果物  
備考