日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:12,012位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:14
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本船舶技術研究協会
団体名ふりがな にほんせんぱくぎじゅつけんきゅうきょうかい
年度 2013年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥181,170,000
助成金額: ¥181,170,000
事業内容 1.造船関連海外情報収集及び海外業務協力
各ジェトロ船舶関係海外事務所において海事関連分野についての調査活動を実施し報告書を刊行する等、関係者等に広く頒布した。
2.船舶建造高品質化・効率化技術の調査研究(プロジェクトの運営・管理等)
レーザ溶接技術の調査研究及び工程管理システムの調査研究に係る調査研究委員会、各種ワーキンググループ等の委員会を組織し、調査研究委員会としてレーザ溶接技術関係で4回及びモニタリング技術関係で3回、ワーキンググループ会合を8回、それぞれ開催した。
3.船舶関係諸基準に関する調査研究
5件の調査研究プロジェクトにおいて、IMOの委員会及び小委員会の議題に対応する調査研究を行い、同委員会及び小委員会に提案文書を提出するとともに、職員及び専門家を派遣し、条約改正等の審議に日本の意向が反映されるよう努めた。また、第7回アジア造船技術フォーラムを2013年11月7日及び8日に神戸において開催し、ASEFのNGO化のための国際協議を行った。さらに、IMOでの基準作成の経緯、今後の方向性及び我が国の戦略的な対応を説明するため、成果報告会を1回開催した。
4.船舶関係工業標準化
国際規格関係では「船舶に関する国際標準への日本の取組方針」に沿って、日本からのISO規格提案の実施、他国からのISO提案等への的確な対応等戦略的規格を提案し、関係者との情報共有の促進等対応体制の整備に努めた。国内規格関係では、産業界からの要望の高い分野についてJISF規格の原案作成のため検討を行い4件の新規又は改正原案を議了した。
5.その他
ホームページの充実及びホットメールの発信等を行った。
成果物 2013年度事業報告書
備考