日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

団体名 日本海事広報協会
団体名ふりがな にほんかいじこうほうきょうかい
年度 2012年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥66,000,000
助成金額: ¥66,000,000
事業内容 1.「海の日」広報事業
「海の日」の意義が一般の人々に深く理解され、有意義な祝日として定着するように、さまざまな広報活動を行うと共に、「海の月間」についても、多面的かつ広範囲に広報活動を行った。また、海の日にあたり、平和で美しい海を次世代に引き継ぐための野田総理からのメッセージが発表され、これを「海の日海事関係功労者祝賀会」等の海の日記念行事で披露した他、新聞等でも広く広報されるよう努めた。
(1)「海の日」「海の月間」関連行事広報
(2)「海フェスタおのみち〜海の祭典2012尾道・福山・三原〜」への参画
(3)「海の日」海事関係団体連絡会の運営
a.「海の日」ポスター等の制作・配布
b.「海の日」モデル地区の認定等
c.少年少女「海の日」海と船の体験乗船
d.「海の日」海事関係功労者祝賀会の開催

2.海事知識啓発事業
全国各地で次に掲げる事業を年間を通じて実施し、次代を担う青少年の海への関心を高め、海事産業の重要性や海洋環境保全への意識の向上を図った。
(1)青少年の海事意識啓発
(2)「全国中学生海の絵画コンクール」
(3)「ジュニア・マリン賞」
(4)海事広報資料の制作・配布
a.海と船の雑誌「ラメール」   
b.海運広報パンフレット「SHIPPING NOW」等
c.海事レポート
(5)小・中学校における副教材による海事教育の推進
(6)海事資料電子データ化の構築・公開
(7)その他の海事知識・情報の周知・提供
(8)イメージキャラクターによる啓発

3.収益事業
(1)出版事業
a.旬刊紙「海上の友」の制作・発行
b.隔月刊誌「ラメール」の制作・発行
c.世界の帆船カレンダー等の制作・発行

成果物  
備考