日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海図国際基準の情報収集と国際的な海図専門家の育成

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 2012年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥26,934,049
助成金額: ¥26,934,000
事業内容 特に電子海図の空白域が存在している国を重点国として、各国の若手海図専門家(各国海洋情報部基幹職員となることを期待される者)が、
・ 水路測量データ処理の実際的な処理手法
・ 水路測量データの正確な評価手法
・ 責任を持って海図を調製できる技術
・ 海図を電子化しENCとする実際的な技術
を身につけ、周辺国とのデータの一貫性や刊行海域の調整を政府間とは異なるチャンネルで促進するための海図専門家間の国際的ネットワークの構築を行った。

2012年4月のモナコにおける調整会議にて選考したコロンビア、ギリシャ、マレーシア、モザンビーク、ミャンマー、ベトナムの計6名の海図専門家を抽出し、英国水路部(英国トーントン)での研修を行った。
ただし、ミャンマー国籍所持者へのビザ発給の可否が英国政府内で議論となったため、当初は補欠のスリランカ人と正式に入れ替えたが、その直後にミャンマー国籍所持者へのビザ発給が決定し、ミャンマー人については英国が費用を負担して研修に参加した。なお、入れ替えで選出されたスリランカ人については自国でのビザ発給等の手続きが間に合わず、結果として研修に参加できなかった。

併せて、国際水路機関(IHO)に前年度に続いて派遣していた事務局員が、現在急速に変化している電子海図や水路誌の国際基準の動向に関して、その情報が集約するIHO事務局において情報収集を行った。
成果物  
備考