日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

舶用機関整備士の資格検定等の開催

団体名 日本舶用機関整備協会
団体名ふりがな にほんはくようきかんせいびきょうかい
年度 2011年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥27,948,560
助成金額: ¥22,358,000
事業内容 1.資格検定
(1)資格検定新規講習会
 受験者を対象に資格検定新規講習会を開催
1級6ヶ所(3日 61名)、2級9ヶ所(2日 99名)、3級10ヶ所(2日 188名)
(2)検定試験
 資格検定講習会受講者に対して学科試験及び実技試験を実施、合格者には資格証明書(有効期間4年)を交付した。
1級学科5ヶ所(半日 66名)、1級実技・面接3ヶ所(1日 43名)、2級9ヶ所(1日 99名)、3級9ヶ所(1日 193名)
(3)資格更新講習会 
 資格証明書の有効期間(4年)が満了する者を対象に各1日で更新講習会を実施。整備士としての知識及び技量を維持していることが確認できた者については、資格証明書の有効期間を更新(4年)した。
1級8ヶ所(1日 128名)・2級20ヶ所(1日 155名)・3級20ヶ所(1日 172名)

2.テキストの作成
 講習会で使用する指導書、問題集等を作成した。
(1)1級・2級・3級とも指導書・問題集を作成した。
a.1級(160部)・2級(180部)・3級(330部)新規講習会指導書
b.1級(120部)・2級(170部)・3級(250部)新規講習会問題集
c.1・2・3級更新講習指導書 600部
(2)指導書の配布
全国水産高校、大学並びに海上技術学校等の船員養成学校の卒業生は、卒業後、船舶乗組員ばかりでなく、舶用機関整備業界への就職も期待される。この為、船舶乗組員による機関事故の防止及び舶用機関整備業界の人材確保を目的として、全国の水産高校、大学並びに海上技術学校等の船員養成学校に3級の指導書を配布した。


成果物  
備考