日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

体感型実験装置群による巡回展の開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,881位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:156
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 日本科学協会
団体名ふりがな にほんかがくきょうかい
年度 2011年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥14,257,521
助成金額: ¥12,700,000
事業内容 1.巡回展名称:「光の謎を解き明かせ!」を開催した。
(1)内容:光に関する体感型実験装置群による巡回展示
(2)実施場所:埼玉県川口市立科学館 2011年6月11日〜7月10日(24日間/5,337名)
      佐久市子ども未来館 2011年9月17日〜11月6日(50日間/7,912名)
      栃木県子ども総合科学館 2012年3月8日〜4月8日(27日間/36,134名)
(3)展示条件:展示期間は4週間以上。広報や解説員の確保など運営業務全般は展示団体の負担、装置群の設置・撤収およびこれに付帯する業務は本会負担とした。
(4)装置構成:全12機種(光の肖像画、光が反射しない部屋、ホワイトアウト、正反対ミラー、巨大目玉ロボット、光の散歩道、透視の部屋、紫外線写真館、レーザー原理模型、光のマイク、3D幻灯館、動く立体写真館)
(5)実施の方法:「巡回展の開催要項」および「展示運営要領」を定めた。
成果物 「光の謎展」開催館一覧
備考