日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

地球温暖化を踏まえたASEANの長期交通行動計画に関する研究

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2011年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥63,891,684
助成金額: ¥63,891,000
事業内容 1.BC手法の汎用化と手法の普及:
STL用に開発したBC用のシナリオプランニングと交通政策選択の方法を一般化(ASEANの交通用に船舶や無動力交通へのシフトに関するフローを追加する等)し、共同研究者、ASEAN事務局に手法を公開した。
(1)欧州の研究事例の収集・整理
(2)シナリオプランニング手法の汎用化
(3)定量評価モデルの汎用化
(4)分析手法のマニュアル化
2.定量評価モデルの一部改修:
STLで開発したBC用の定量評価モデルに対し、ASEANの既存の交通データに合わせたフィッティングを行った。
(1)ASEANの交通データに合わせた政策セットの導入
(2)無動力交通の評価のための新たなロジックの追加
3.BCのための前提条件の設定:
BCを行うための共通の前提条件や考え方を整理。
(1)各国の基礎的なデータの収集
(2)分析対象地域の選定
(3)ベースライン、リファレンスケースの設定
(4)その他諸条件の設定
4.研究状況、研究成果(中間)の公表等:
国際会議、国際シンポジウム等に参加し、温暖化を取り巻く環境を調査すると共に、研究状況を発表し、研究に対する内外の意見を参考とした。
(1)国際交通フォーラム
(2)国連気候変動枠組条約関連会議
(3)交通研究委員会(米)等
成果物  
備考