日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

学校教育等と連携した水辺での体験プログラムの普及

団体名 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
団体名ふりがな ぶるーしーあんどぐりーんらんどざいだん
年度 2011年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,985,307
助成金額: ¥3,985,000
事業内容 1.インタープリテーション研修会の実施
(1)内容:2011年度に養成したB&G海洋性レクリエーション指導員に対して水辺のインタープリテーション研修を実施した。
(2)時期:2010年6月17日
(3)参加者:78名
(4)場所:沖縄県本部町 マリンピアザオキナワ

2.学校教育との協働事業の推進
(1)B&G水プロ研修会の開催
a.時期:2011年4月16日〜17日
b.場所:海洋船舶ビルおよび葛西臨海公園
c.参加者:26名
d.内容:「水に賢い子どもを育む年間型活動プログラム」を推進している小学校教員や新人教員を対象にプログラムの研修会を実施した。同時に参加教員とB&G財団職員との連携を強化し、事業実施に当たっての問題点等を調査した。
(2)新規導入校のサポート
a.期間:通年
b.対象:新規通年型導入校3校、普及型導入校14校(うち東京都3校)
c.内容:ライフジャケット浮遊体験等、実際にプロぐラム内で実施する実習
1.学校教育に対する「水プロ」プログラムの普及展開
実施回数:導入校にて年4回以上、普及校にて年1回以上
(3)通年型導入校の授業・発表会視察
(4)アドバイザー契約:専門講師と契約を結び、プログラムの調査・実施方法に対する指導等を委託するとともに相談窓口を開設した
成果物  
備考