日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

日蘭シンポジウム2009inぎふ〜迫りくる巨大水害にどう対応するか?日蘭の経験を基に〜

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,304位 (19,701事業中)
成果物アクセス数:86
更新日 : 2020年8月8日

注目度とは?

団体名 日本国際問題研究所
団体名ふりがな にほんこくさいもんだいけんきゅうじょ
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥1,637,735
助成金額: ¥858,000
事業内容 1.専門家会議の開催
(1)期間:2009年6月25日(木)〜26日(金)
(2)場所:日本国際問題研究所(東京)およびソフトピアジャパン(岐阜県大垣市)
(3)内容
a.意見交換「日蘭修好400年記念 日蘭シンポジウム東京会議〜水を通した気候変動への対応:日蘭両国はどう取り組むか」
b.日蘭参加者による輪中視察
c.「治水をめぐって日蘭は何をしているか、どう協力できるか」「両国はどのように世界の水問題の解決に協力できるか」
(4)参加
a.東京:関係省庁、国際開発機構、研究者等 計57名
b.岐阜:県、大垣市、国交省、学者、ジャーナリスト等 計34名
2.公開シンポジウム「日蘭通商400周年と環境」の開催
(1)期間:2009年6月26日(金)
(2)場所:ソフトピアジャパン(岐阜県大垣市)
(3)内容:オランダ駐日大使による基調講演、日蘭の専門家によるパネルディスカッション
(4)参加:行政職員、研究者、水防団員、建設業者、市民など 200名
成果物 日蘭シンポジウム2009inぎふ
備考