日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

犯罪被害者に対する直接的支援活動の普及と定着

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,161位 (18,849事業中)
成果物アクセス数:403
更新日 : 2018年12月8日

注目度とは?

団体名 福井被害者支援センター
団体名ふりがな ふくいひがいしゃしえんせんたー
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,556,713
助成金額: ¥5,000,000
事業内容 1.直接的支援の実施:法廷・警察・裁判所・病院等への付添、生活支援等 25回
2.新規支援員の養成
(1)時期:2009年7月〜11月 計5回
(2)対象:参加者33名 延べ102名(修了者12名)
2.既存支援員の育成
(1)継続研修の実施
a.時期:2009年4月〜2009年11月 計8回
b.対象:全相談員 31名/回
(2)全国研修会への参加:2009年10月2〜4日(秋期)に3名、2010」年2月1〜5日(春季)に2名
(3)先進センター視察研修(直接的支援研修会等):年4回、延べ5名
3.広報啓発活動の実施
(1)広報用リーフレット:5,000部
(2)会報:6,300部(年3回の合計)
(3)封筒:長3を9,000枚、角2を6,100枚
(4)直接的支援活動チラシ:12,000枚
(5)自助グループ活動チラシ:3,000枚
(6)HP更新
(7)ポスター:650枚
(8)クリアファイル:5,400枚
4.備品等の整備:モニター用受話器5台、モニター1台、電話相談割込用装置一式
成果物 電話機(ビジネスホーン)
パンフ「事件・事故にあわれた方へ」、ポスター
会報19,20,21号
備考