日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

低炭素社会における交通体系に関する研究

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥214,717,180
助成金額: ¥214,717,000
事業内容  2050年の世界の地域別交通需要、国際航空・国際海運における輸送需要を想定し、CO2排出量50%削減を実現するための革新的技術の開発や途上国への技術移転などを調査研究し、世界に向けた政策提言を行った。

1.前年度に構築したバックキャスト用のフローをベースに、地域別の交通からのCO2排出評価モデル(以下、長期モデル)を構築し、以下2.の成果と併せ交通からのCO2の削減ポテンシャルを探った。
2.前年度に作成した地域別の長期シナリオの概要をベースに詳細シナリオを作成した。
3.日本の交通研究所としては初めてIEAと研究連携を行い、既存モデルの改善点を考慮し政策評価を考慮した交通からのCO2排出の中期予測モデルを構築した。
4.国際航空、国際海運を対象とした国際輸送からのCO2排出評価モデルを上記1.及び3.とは別に構築した。
5.COP15/MOP5にてサイドイベントを開催し、研究成果に基づき交通からのCO2排出量の削減についての政策提言を行った。
成果物  
備考