日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶建造時における電装設計技術の高度化(電力計算等のソフト化)に関する調査研究

団体名 日本船舶電装協会
団体名ふりがな にほんせんぱくでんそうきょうかい
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,031,139
助成金額: ¥4,024,000
事業内容  電装事業者は、電力計算書、発電機容量計算書、発電機等の配置図、電路布設図、電路系統図の作成等、電装設計に関する作業を手作業で実施している。本事業では、上記の作業をシステム化し、設計技術の高度化を図る。

1.本事業は、2年間にわたり実施することとしており、電力計算書等のソフト化に伴う計算精度の検討、データベースの検討、アルゴリズムの検討を経て、基本設計の構築及びプロトタイプ(試作品)の作成を行った後、ソフトウェアの開発及び実用評価を行うこととする。2009年度は、プロトタイプ(試作品)の作成までの項目を実施した。

2.電力計算書等のソフト化に関する調査研究
(1) 委員会において、次の項目を実施した。
 a.船舶の電装設計作業における計算書の標準書式の検討
 b.計算書のソフト化に伴う計算精度の検討
 c.ソフトウェアに組み込むデータベースの検討
 d.ソフトウェア構築のためのアルゴリズムの検討
 e.ソフトウェアの基本設計
 f.プロトタイプ(試作品)の作成
(2) 計算書の種別
 a.中小型交流船用設計ソフトウェア
 b.小型舟艇直流船用設計ソフトウェア
 
成果物  
備考