日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

油汚染鳥救護等に従事する専門獣医師等の養成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:8,364位 (20,844事業中)
成果物アクセス数:99
更新日 : 2022年10月1日

注目度とは?

団体名 野生動物救護獣医師協会
団体名ふりがな やせいどうぶつきゅうごじゅういしきょうかい
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,118,053
助成金額: ¥1,860,000
事業内容 野生動物の救護に関わる獣医師等の裾野を広げるため、必要な知識と技術を伝授するための養成プログラムを実施する。
1.油汚染対策等に関わる連続講習の実施
(1)開催時期:2009年9月〜2010年2月のうち計5回(うち1回は実習)
(2)講習内容:水鳥救護や生態系の保全を含め油汚染対策に関わる総合的な内容を学ぶ。 同時に現場におけるコーディネート能力を獲得する
(3)開催場所:水鳥救護研修センター(東京都日野市)
(4)対象者:野生動物保護や油汚染対応に携わろうする獣医師かそれに準じる者(4〜8名)
2.水鳥等救護のための実習
(1)実習時期:2009年9月〜2010年3月
(2)実習内容:水鳥救護(他の野生鳥獣も含む)の技術を習得するための実習
(3)開催場所:野生動物ボランティアセンター(神奈川県川崎市)
(4)対象者:野生動物保護や油汚染対応に携わろうする獣医師かそれに準じる者(4〜8名)
3.野生動物保護のための現場実習
(1)実習時期:2009年11月〜2010年2月
(2)実習内容:野生鳥獣を保護するための技術や野外における対応法等を学ぶための実習
(3)開催場所:猛禽類医学研究所(北海道釧路市)及びその周辺のフィールド
(4)対象者:野生動物保護や油汚染対応に携わろうする獣医師かそれに準じる者(4〜8名)
4.報告書の作成
(1)内容:一連の養成事業の経過と結果に関する報告(記録写真も掲載)
(2)規格:A4版、40〜50ページ程度、200部
(3)配布先:野生生物保護あるいは油汚染対策に携わっている関係団体 他
 
成果物 「油汚染鳥救護等に関する専門獣医師等の養成事業」実施報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。