日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

艤装工程における生産性向上のための技術開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,349位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:98
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥30,015,121
助成金額: ¥24,000,000
事業内容 1.造船業界、舶用業界、電装業界等の艤装工程の実態調査を実施。
 造船業界だけでなく、舶用業界、電装業界等との協働により、艤装工程の実態調査を実施した。
(1)機関艤装、電気艤装、船体艤装の縦割りによる弊害を解消するための工法
a.機関室レイアウト
b.電路、管路の共通化
c.電路のブロックジョイント
(2)艤装工事における一人作業あるいはチーム(2〜4人)作業

2.動力主燃料をC重油から高級油(A重油、軽油、灯油)にすることにより機器や配管の省略、更にはNOx、Soxの排出量削減が可能であり、平成20年度の調査結果を基に機関室内の機器配置や区画の変更、地上組立を考慮したユニット化、モジュール化について検討した。

3.艤装全般を見渡せる人材がいなくなってきたことが、手待ちや手戻りの最大の要因となっており、艤装工程の管理ができる人材(多能工)を育成するための教材を開発した。
成果物 2009年度 艤装工程の生産性向上
備考