日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

新世紀を拓く深海科学リーダーシッププログラム

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,983位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:475
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 東京大学
団体名ふりがな とうきょうだいがく
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥37,748,650
助成金額: ¥37,748,000
事業内容 1. 研究員の採用
場所:東京大学海洋研究所
研究員:リサーチマネージャー1名、ポストドクトラルフェロー4名を、昨年度より継続して採用した。現在までに、3名のポストドクターを採用し、3名が就職のため退職した。ポストドクターの現員は5名である。(参考_1)
2. 教育
(1) 場所:東京大学海洋研究所
   期間:2009年4月〜2010年3月
   対象者:修士・博士課程学生15名
       HADEEP PD(日本財団リサーチフェロー)8名
   内容:深海科学概論開講(参考_5)
      HADEEPオープンセミナー開催(参考_8)
      研究航海乗船実習(参考_9)
      国内、国外学会参加、発表(参考_9)
      論文作成(参考_9,10)
(2) 場所:アバディーン大学
   期間:2009年4月〜2010年3月
   対象:修士・博士課程学生10名
   内容:大深海と超深海(Abyssal and Hadal Environments)コース開講(参考_11)
3. 研究(装置の共同開発研究、および深海研究)(参考_6)
(1) 長期観測システム(Lander)調整
(2) 長期観測システム改良・統合・テスト
(3) 研究航海の実施:2009年11月
  (4) 日英深海科学ワークショップ
4. 広報活動
 関連学会でのブース展示、ウェブページ作成、ブログ
成果物 HADEEPパンフレット
「海洋学」
備考