日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

体感型実験装置群による巡回展の開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:8,373位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:60
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本科学協会
団体名ふりがな にほんかがくきょうかい
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥14,585,535
助成金額: ¥14,585,000
事業内容 1.事業計画の内容
(イ)実施場所 展示を希望する科学館・自治体等全国6館で開催した。(総来場者数42,843人)
(ロ)展示条件 本会との共催事業として装置群一式による3週間以上の展示        が可能で、開催の予告宣伝および期間中の解説員の確保を
        含めた運営全般は展示団体の負担を条件とし、装置群の設
        置・撤収およびこれに付帯する業務は本会負担とする。
        また、必要に応じて本会が単独開催できるものとする。
(ハ)タイトル 自然界の水「台風がやってきた!」
(ニ)装置構成 全8実験アイテム(解説ボード付き)13機種14装置
       (水の分子模型、採雲・光環発生装置、雪・雨粒浮遊実験装         置、潜熱実験キット、台風実体モデル、角運動量保存則体
        感装置、コリオリの力観察装置、地球の自転、気圧体感装
        置、風波発生装置)

2.実施の方法
 本会の科学・文化振興事業委員会の議を経て既に定めている「巡回展の開
 催要項」および「展示運営要領」に従って進めるとともに、装置群の設置
 ・撤収およびそれに付帯する実務は、本装置のメーカーと締結している「
 体感型実験装置群の巡回展に関する包括委託契約(平成19年4月16日締結)
 」により業務委託して実施した。

成果物 「体感型実験装置群による巡回展の開催」事業 開催館一覧
備考