日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

タイにおける伝統医療普及モデルプロジェクトの実施 (Model Development of Promotion of Traditional Medicine in Thailand)

団体名 Ministry of Public Health, Thailand (タイ保健省)
団体名ふりがな みにすとりーおぶぱぶりっくへるすたいらんど
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥66,848,112
助成金額: ¥35,644,104
事業内容 タイにおいてタイ伝統薬の置き薬を配置し、その有効性についての分析を開始した。
1.対象:北部チェンライ県、中部スパンブリ県、北東部スリサケット県、南部スラータニ県の都市部・都市郊外部・農村地帯の各町、合計12町(1県3町)。各町約100世帯、合計1,400世帯。
2.事業内容:
(1)上記地域合計1,400世帯に置き薬箱を配布した。
(2)価格は1キットあたり1,000バーツ(約33米ドル)。
(3)キットは、タイ保健省管轄の国立病院製造の15−20種類のタイ伝統薬で構成。薬は風邪薬、解熱剤、下痢止めなど基本薬と地域のニーズに合わせた選択薬を配置。
(4)タイ国内で保健省により組織されている「ヘルスボランティア」により薬の代金回収と補充を実施
(5)2種類のハンドブックを併せて配布(置き薬の使い方と衛生教育本)
(6)データ分析は、国立チュラロンコン大学、国立マヒドン大学の教授からなる専門家委員会を組織し、その委員会が分析を実施
3.スケジュール
(1)準備期間(1-6ヶ月):上記4県保健省職員との打ち合わせ、保健省内事業委員会の設置、伝統医療薬と箱の製造、ハンドブック2種類の作成・印刷、ヘルスボランティアへのマネージメント研修の提供(置き薬の使用方法、各家庭における自己治療促進のための研修)
(2)置き薬の配置、薬の代金回収と補充の実施、データ収集(7-12ヶ月)
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。