日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海事関係者等のための情報支援システムの構築

団体名 日本海事代理士会
団体名ふりがな にほんかいじだいりしかい
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,075,354
助成金額: ¥4,400,000
事業内容 総合法律支援法によって弁護士や司法書士などの専門家に加え、第三者機関が相談や支援業務を行なえるようになった。海事分野の法的支援業務を行なうための環境を整備した。

1.「マリタイムアクセス窓口」における海事法令及び情報提供
(1)アクセス企画会議の開催 
 a.回数 1回 構成員8名
 b.内容 情報シート、宣伝用リーフレットの企画について
(2)アクセス担当者会議の開催
 a.回数 1回 構成員18名
 b.内容 アクセス窓口担当者の情報等サービ提供の手法の統一化等を図る。
(3)アクセス運営会議
 a.回数 3回 構成員16名
 b.内容 情報シート、宣伝用リーフレット作成及び窓口担当者研修について

2.アクセス窓口の整備
(1)各種情報シートを窓口(82ヵ所)に配備
(2)窓口担当者対象講習会の開催
a.回数等 全国9ヵ所 82名  b.内容 窓口での対応方法等

3.周知広報
(1)リーフレットの作成
「小型船舶deクルージング」「新造船建造と諸手続き」、「運送契約と用船契約」、「海技資格と乗組み基準」「開設宣伝」 各2,000枚
(2)専門紙(海事新聞)への広告掲載 1回
(3)ポスターの作成
成果物  
備考