日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

自走式溶接ビード切削装置の技術開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,207位 (19,256事業中)
成果物アクセス数:79
更新日 : 2019年8月17日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,900,360
助成金額: ¥6,900,000
事業内容 1.試作機の設計
 ベルトサンダー方式、フライスカッター方式、軽量吸着自走式サンダー方式を検討し、軽量吸着自走式サンダー方式による試作機を設計した。

2.基礎実験計画の作成
 1.の設計を基に、切削能力、吸着力、自走能力の確認を行う基礎実験計画を作成した。

3.試作機製作及び実験
 試作機を製作し、2.の基礎実験を行うと共に実験結果により課題を抽出し、装置を改良した。
4.実船実験
 実船ブロック相当として半径4メートル(傾斜角約23度)による実験板を用いて最終試作機の実験を行い、試作機を完成させた。
5.結果
 軽量化・切削能力向上のため首振り機能の追加、グラインダーを800W4基から1200W2基、砥石径を100φから125φとし、併せて砥石材質の見直しを行った。
 吸着力を高めるため吸引機能力の高い装置の導入を検討したが、付帯コストがかさみ、実用的でないことから補助レール・モノレール式による4輪駆動自走方式とした。


成果物 2008年度 自走式溶接ビード切削装置の技術開発
備考