日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

体感型実験装置群による巡回展の開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,101位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:49
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 日本科学協会
団体名ふりがな にほんかがくきょうかい
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,561,083
助成金額: ¥16,561,000
事業内容 「体感型実験装置群による巡回展の開催」事業を次の通り実施した。

1.展示タイトル:「自然界の水『台風がやってきた!』」
2.展示装置構成内容:全8実験アイテム(解説ボード付)13機種14装置
(1)台風の科学1「水とは何か・大気中の水の姿」に係る7機種
(2)台風の科学2「台風の渦の形成・自転する地球と大気の運動」に係る4機種
(3)台風の科学3「台風がもたらすもの」に係る2機種

3.展示条件及び実施の方法
本会と開催館との共催として装置群一式による3週間以上の展示を条件とし、宣伝費及び解説員確保等の運営全般は展示団体負担、装置群の設置・撤収及びこれに付帯する業務は本会負担とした。
開催館は本会が定める「開催要項」及び「運営要領」に従って実施し、装置群撤収等の業務はメーカーである京都科学に業務委託して実施した。

4.開催場所、開催期間(含開催日数)及び来場者数
全6館 総来場者数111,546人
(1)佐賀県立宇宙科学館(佐賀県武雄市)
 2008年3月5日〜4月6日(36日間/16,282人)
(2)雲仙岳災害記念館(長崎県島原市)
 2008年4月19日〜5月11日(23日間/12,407人)
(3)釧路市こども遊学館(北海道釧路市)
 2008年5月31日〜6月29日(26日間/6,955人)
(4)広島市江波山気象館(広島県広島市)
 2008年7月20日〜8月31日(39日間/14,985人)
(5)ディスカバリーパーク焼津(静岡県焼津市)
 2008年9月13日〜11月30日(68日間/10,630人)
(6)はまぎんこども宇宙科学館(横浜こども科学館)(神奈川県横浜市)
 2008年12月20日〜2009年3月14日(85日間/50,287人)

5.普及活動
各開催館におけるマスコミ等の報道を通じて、社会一般に科学の理科と啓発を行った。

成果物 「体感型実験装置群による巡回展の開催」事業 開催館一覧
備考