日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

巡回展向け体感型実験装置群の開発・製作のための基金設置

団体名 日本科学協会
団体名ふりがな にほんかがくきょうかい
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥150,000,000
助成金額: ¥150,000,000
事業内容 巡回展向け体感型実験装置群の開発・製作のための基金設置
(体感型実験装置群製作基金)

全国的な科学・技術巡回展を行うため、移動展示が可能で一般市民の関心が高い身近な話題をテーマにした、体感型の実験装置群の開発・製作することを目的とした体感型実験装置群製作基金を設置し、次年度以降の完成を目指す計画を策定した。

製作物(1):「光」に関連する名称で検討中
「視覚と認知」の関連を中心に、3D映像の仕組みを科学の目で理解させるための体験装置、様々に工夫した鏡を使って反射の科学を学ぶ装置、錯視の不思議と脳の関係を理解する装置などを試作し、ストーリー性のある具体的なテーマと展示内容を完成させる。

製作物(2):「新素材」に関連するもの
身近な携帯電話に使われている「頭脳」「ディスプレイ」「電池」「パッケージ」などさまざま部分で使用されている新素材に注目し、最先端技術を判り易く科学して、周期表との関連の中で展示内容を完成させる。
成果物  
備考